名古屋 オーダーメイド 海外旅行

お客様の体験談【中米・南米】

オーダーメイドで夢を叶えたお客様の中米・南米の旅行体験談です。
■南米卒業旅行
①南米の人たちの人柄のよさ
スペイン語が通じなくても、話す人誰もが嫌な顔ひとつせずに対応してくれた。言語・文化が全く違うながらも安心感を与えてくれた大きな出来事でした。 アルパカ食べました。意外と肉厚でジューシーでした。クイは食べ損ねました… 南米の自然が雄大で、ナスカやイグアスの滝などにも行ってみたくなりました。 マチュピチュの2日目がとてもいい天気で、素晴らしい景色を見れたこと 飛行機に乗りまくったこと 特にウユニは夜の雷が凄くてビビりましたが印象的なフライトになりました
②ハンバーガー考えた人天才
クスコのホテルが可愛くて立地もよく、良かったです ニューヨークのホテルは立地が良かったが、Wi-Fiがないなど不便な点もあった 全員海外慣れしていたので細かいトラブルなども対処でき特に困ったことはありませんでしたが、ニューヨークからロスの飛行機変更の際は情報をしっかり伝えてくださり助かりました。 結局延泊の宿は、アメリカの一般住宅の一室?のようなところにとても安く泊まれて、空港にも近く、貴重な経験ができて良かったです。
③ウユニ塩湖はhodakaさんのツアーがおすすめです。ホテルや空港送迎など融通がきき、日本人への対応によく慣れているので。 クスコでは日本食のきんたろうというお店に、全食お世話になりました(笑) また、ニューヨークではとっとラーメンという日本人経営のラーメン屋さんが美味しくてタイムズスクエアにも近くておすすめです。 また現地で携帯番号が使えるならUBERは超おすすめ。アメリカのsim代はかなり高かったが、移動費を節約できたのが良かったです。 リマはとてもいい街で、ご飯が美味しい!
南米 卒業旅行

ウユニ 卒業旅行
渡邉さん、齋藤さん、榊原さん
■マチュピチュ・ウユニ塩湖・ラスベガス ハネムーン
13日間でペルー・ボリビア・アメリカにハネムーンで行ってきました。 第一の目的地はペルー・マチュピチュ。 長い移動時間を経てクスコに到着 ガイドさんが待っていてくれました。まずはマチュピチュに向かうために車でオリャンタイタンボ駅まで車で移動。 疲れていても雄大な山々を見るとテンションがあがりました。 マチュピチュでは雨が降ったり霧でおおわれてたり、写真で見るような晴れ晴れとした姿は見れませんでしたが、それはそれで趣があってよかったです。1日目は遺跡をじっくり、2日目はインティプンカまで往復。 こんなに高いところに文明が栄えたことに感動しました。 帰りのマチュピチュ遺跡→村までのバスに乗ろうとするとそこには長蛇の列でしたが、ガイドさんのコネクションのおかげで、待ち時間ほぼゼロに! 他にもマチュピチュの色んな解説をしてくださったり、二人の写真を撮ってくださったりしました。 マチュピチュ→クスコへ移動し、1日街を散歩しました。翌日はペルーでの旅程を終えて、ボリビアまでの移動。 クスコ→ラパスに移動直前に、ホテルでの忘れ物に気づきましたが、 ガイドさんが対応してくださり、本当に信頼できるガイドさんでよかったと感じました。 クスコ→ラパス→ウユニの旅程では、 ラパスで半日のトランジット時間があった為、ラパス観光に。 タクシーの運転手に空港→キリキリ展望台(15分待機)→ムリリョ広場でと交渉。 自慢の英語が伝わらず苦労しましたが、 ダウンロードしたGoogle翻訳のスペイン語を使ってなんとか伝わり90ボリビアーノ。 すり鉢状の街並みを展望台で一望し、クスコより更に高い高度の街を堪能。 街を歩いてご飯食べたり、喫茶店で休んだり。 物価の安さで大変助かりました。 空港まではミニバスで一人4ボリビアーノで。 夫婦ともども薬を飲んでいたので高山病にはかかりませんでしたが、 ラパスでは息が切れるのが早かったような気がします。 そしていよいよ私たちが一番楽しみにしていたウユニ塩湖へ。 ウユニ到着は夜になり、塩のホテルに。 写真で見る以上にホテルは綺麗でワクワクしました。 翌朝は朝日見学の為に朝早くからホテル出発。 真っ暗だったウユニ塩湖が段々と明るくなっていくとともにテンションもあがりました。 毎秒の様に光を浴びて変化していくウユニ塩湖の姿に夫婦ともども感動しました。 4月中旬で乾期に入っていることもあり、全面に水が張っているわけではなかったですが、 ガイドさんとドライバーさんが鏡面のところに連れて行ってくれました。 一度ホテルに戻り、休んだ後にお昼前に再度ウユニ塩湖へ。 今度は水の張っていない白の大地をひたすら進みます。 私たち、ガイドさん、ドライバーさん4人でテントを張ってランチ。 その後インカワシ島に行きました。 あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に大きいサボテン、 高度3,700メートルにあるサンゴや溶岩石、自然の雄大さを体感しました。 夜は星空を見に再度ウユニ塩湖に。 天の川も見ることができ、周りに全く光、音がない空間での星空は感激でした。 次の日はウユニの街を見たり、列車の墓場も見て再度ウユニ塩湖へ。 ガイドさんが持っているおもちゃと一緒に、 色々なトリックアート写真を撮ってもらいました。 ガイドさんは毎日の様に写真を撮っているからか、 構成や手際がとてもよく、良い写真がたくさん撮れました。 帰り際には夕日も見ることができました。 鏡面や白い大地、朝日、夕日、星空、どのウユニも素敵でした。 9~17 余談ですがウユニでは野生のビクーニャも見れました。 職業柄世界の獣毛に興味があり、 アルパカ、リャマ、そして最高級のビクーニャも見れて感動しました。 ウユニ→ラパスに戻って1泊。 ラパスの夜景はすり鉢状になっておりとてもきれいでした。 やたら厳しい手荷物検査を終えて最終目的地ラスベガスへ。 行きも帰りもアメリカでの入国手続きが時間がかかることを考慮して、 長めのトランジット時間を確保してもらいました。ラスベガスではBellagioに宿泊。豪華絢爛でした。 翌朝グランドキャニオンツアーに向けて出発。 他のツアー客の方と一緒に巡りました。 途中ルート66に立ち寄り、ランチを食べてからいよいよグランドキャニオンへ。 どこまでも続く渓谷には目を奪われました。 天気も良く絶景を楽しむことができました。 ラスベガス2日目はストリップと、ダウンタウン、そしてアウトレットへ。 ストリップではテレビや映画でよく見る街並みを、 ダウンタウンでは少し昔のラスベガスの街並みとストリートパフォーマンスを楽しみました。 アウトレットでは日本未発売色の靴も買えて大満足。 今回は見たかったウユニ塩湖を中心に浅菜さんにプランニングしていただけて本当に良かったです。 思い切って会社を2週間休みましたが、本当に世界の絶景を見れて幸せでした。 当初はラスベガスは予定に入っていなかったのですが、 南米→日本よりも一度アメリカで休める為に体力の負担を軽減でき、 グランドキャニオンも見れると浅菜さんに提案していただいたことで、 最高の旅程にすることができました。
マチュピチュ ハネムーン

マチュピチュ 列車

マチュピチュ ハネムーン

マチュピチュ ハネムーン

マチュピチュ 列車
丹羽様ご夫妻
■マチュピチュの旅
私たち夫婦は高山病にかかることもなく、一生の宝物を得ることができました。 歴史や遺跡好きな私たちにとってマチュピチュ遺跡は本当に神秘的で、これまでで一番最高の朝を迎えることができました。 ワイナピチュ山には登れませんでしたが、それよりハード?かもと嘉子さんに言われたインティプンクまで登って遺跡を見たり、なんだかんだ日の出前の6時半頃?14時半のギリギリまで遺跡におりました。 ホテルはスマックマチュピチュが一番最高でした。ウェルカムドリンク、3時のおやつ、そして夕食、サービス、翌日の朝食、どれをとっても最高です。ただひとつ残念だったのは、スパ・マッサージがついていたのに帰ってから気付き、利用できなかったことです。マチュピチュ村で2人で値段交渉して1時間3千円という格安マッサージ(嘉子さんも安すぎと言っていました笑)を受けましたが、腕は正直微妙でした。笑 まぁ、安すぎなので仕方ありませんね。 マチュピチュ・クスコは治安もよく本当にみなさんによくしてもらいました。 ただリマは街の汚さと治安の悪さに衝撃を受けました(笑) 初日は気付きませんでしたが、ラスト2日間で感じました。その中でもガイドさんオススメの場所へ行き楽しめましたが、交通ルールのあまりの酷さに夫婦で苦笑でした。 なのでリマ観光は最終日だけでもよかったかな?という気もしますが、なんだかんだ3時間くらい旧市街を散歩したり楽しめました! まだ途中ですがブログに記事を少しずつアップしています!よろしければ是非チェックしてください♪ 織田さん、素敵な新婚旅行をプロデュースして頂き本当に本当にありがとうございました。
マチュピチュ ハネムーン

マチュピチュ 列車
森様ご夫妻
■メキシコ周遊 死者の日&遺跡めぐりプラン
昨日無事帰国しました。 楽しかったですー! セノーテもとてもキレイでポスターに使えそうな写真が撮れましたw メキシコトラベルファクトリーに送ろうかしらw 遺跡めぐりはどちらも楽しいけど、チェチェンイッツァよりテオティワカンの方がやっぱり迫力がありました。登れるし、疲れるし、こっちが後の方で良かったです。 死者の日は最終日の次の日がメキシコ人は週の仕事始めということもあり、祭壇が若干撤収気味でしたw でも残ってる飾り付けもとても可愛くて、夜遅くまで仮装した人たちが多くマデロ通りにいて、とても楽しかったです!私達も浴衣を来て骸骨メイクをしたので現地の人たちの人気者でしたw ソカロ周辺はライトアップがキレイなので、夜観に行くのも素敵です。 ちなみにカンクンでもホテルのロビーなどに死者の日の飾り付けがされていました。骸骨メイクの人もチラホラ。疲れきって行くのを断念しましたが、ハロウィーンはココボンゴが大変盛り上がるようですね。 買い物ですが、市場はカンクンのセントロよりメキシコシティのシウダデラ市場の方が断然いいですね。店員が鬱陶しくないし、安かったです。 あと、今日本でプチブームのチアシードはガイドさん皆がスーパーに売ってると言ってましたが、どこのスーパーでも見つけられませんでした。ヌタリサ?というヨーグルト屋でようやくゲットできました。 長文になりましたが、織田さんにもお世話になりました。 詰め込んだので忙しかったけど、無駄なく充実した6日間を過ごせました。 また海外旅行をするときはぜひJSTを利用させていただきたいと思います。 本当にありがとうございました(o^O^o)
テオティワカン

死者の日
三浦様&山口様
■アルゼンチン・ペルー・ニューヨーク巡るプラン
7/13から16日間、アルゼンチン・ペルー・ニューヨークに新婚旅行に行って来ました。 わがままと希望をすべて叶えてもらい、完全オーダーならではの自分達らしい特別なハネムーンになりました。 航空機の遅延などのハプニングも含め、いい思い出です。カラファテは担当の山田さんにおすすめして貰いました。ペリトモレノ氷河は、写真で見る以上に壮大で神秘的で、氷河の青さにも驚きました。 当初イグアスの滝に行く予定でしたが、飛行機の遅延で行くことが出来なくなり、ブエノスアイレスでは思いかけず二日間も観光できました。 有名なボカ地区、タンゴ、ワイン、肉を満喫出来ました。 マチュピチュはずっと憧れていた場所。感動の一言でした。心配していた高山病も、ワイナピチュ登頂も頼りになる現地ガイドさんがいてくれたおかげで、全く問題なく満喫出来ました。
南米ハネムーン
秀浦様ご夫妻